不幸の芸術、なぜ私たちは不幸になるのでしょうか?

人間の発達の過程を見ると、以前よりもはるかに一生懸命働き、より多くのものを手に入れていますが、依然としてより不安定で不幸であることがわかります。

コースは次のとおりです。私たちの周りでは、あらゆることが開かれています。本も書かれています。幸せになるための 10 の方法、平和を見つける秘訣、人々に影響を与える原則、お金を稼ぐ方法、どれくらい時間がかかるかわかりません...多くの人は、すべては学ぶべきものであり、それを達成することはできると言います。

引き寄せの法則。 「宇宙から求めて手に入れよう」をスローガンにした数百冊の奇妙な本。誰もがあなたに幸せになる方法、お金持ちになる方法、人気者になる方法を教えようとしています。

釈迦は「苦しみの根源は欠乏である」と言います。欲しいもの、手に入らないものが多ければ多いほど、私たちは不幸に陥ってしまいます。私たちは物質的なものを得たり、知識を得たりすることを追い求めている一方で、人生の知恵を見逃しています。

幸福の基準は、高い給料、ブランドの服、ソーシャルネットワーキングサイトの友達の数になっています。

誰もがもっと欲しいと思っており、それを得るために昼も夜も働いています。人間は、海辺の別荘を持ち、より高級な車を持ち、もっと賞賛されるようにと常に努力しています。私たちは、お金持ちになったり人気者になったりすると幸せになれると考えています。

家が 10 軒あれば 1 軒に住むことができ、サマーハウスが 5 軒あれば 1 軒に行くことができ、20 軒あればそこに住むことができます。

有名な哲学者モンテーニュはこう言いました。「たとえ世界で最大の玉座に座っていても、座っているのは最終的には自分のお尻です。」

私たちの人生の夢はすべて、家、車、高収入という目標の間に挟まれています。これらを達成するのにとても疲れて、家に帰るとソファに倒れ込んで同じテレビシリーズを見るか、ほとんど変わっていないウェブサイトをいくつか閲覧する以外に何もすることがなくなります。

検索する代わりに、私たちは外の世界や人々の幸せを考えながらも、自分の内面を見ようとしないのです。どういうわけか。

私たちはますます孤独になっていきます。私たちは、地球の裏側で知らない、おそらく会うこともない人々とチャットして幸せになろうとしていますが、すぐ隣にいる同僚や隣人と友好的な会話をすることはできません。 z.

私たちが近づくのは魂ではなく、私からの人々だけです。

短期間で愛に終わり、再び会う必要のない親密さ。集まるときは、別れた恋人の話から始まり、イライラする上司の話で終わる同じような会話をします。

誰もが傷を隠し、自分ではない自分を見せ、そして私たちは嘘をついた私が愛されることを期待して。今となっては思い出せませんが、ある有名な歌手の言葉が私の心に浮かんでいます。「私にとって最もつらいことは、たとえ隣に誰かが寝ていても、朝起きると孤独を感じることです!」

人生は思っているほど難しくも複雑でもないと思います。

有名な心理学者 A. マズローは、健康な人には「欲求の階層構造」の 4 つの基本的な欲求があると言っています。

食べること、飲むこと、セクシュアリティは第 1 レベル、避難場所と安全は第 2 レベル、愛は第 3 レベルです。愛されること、所属することの必要性、そして第 4 レベルは、愛されることの必要性です。社会に認められ、好かれる。彼は、これら 4 つの欲求を満たす人は健康な人として人生を続けると主張します。

誰もがこれらを満たそうとしているように見えますが、制限を超えると問題が発生します。過剰な食べ物への執着は肥満につながり、家を所有することへの執着は人生を先延ばしにして仕事中毒につながり、愛されたいという欲求の歪みは人間関係依存症や靴下を履き替えるような恋人の入れ替わりにつながり、社会的賞賛への欲求の誇張は人を招く。

要約すると、幸せな人生です。私は、家、満腹、基本的なニーズを満たすのに十分なお金、そして友人や趣味に費やす時間で十分だと信じています。

私たちが人生と呼ぶものはすべて約 75 年です。 (もちろん運が良ければ!)

私は 75 年を 3 つに分けます。最初の25年間はすでに幼少期、思春期、学生時代であり、何が起こったのか理解できません。あなたは医師になって25年になります。心臓はどこにあるのか、腎臓はどこにあるのか、何が血圧に良いのかなど、健康について多くのことを学びます。残るのは、25歳から50歳までの健康で意識のある期間です。野心や過去の失望、将来への不安のためにそのお金を無駄にすべきではありません。先ほども言いましたが、人生は 3 つの部分に分かれていますが、最も有益な部分をどのように生きますか? 何をするか慎重に考える必要があります...人生で 3 つのうち 1 つしか得られないとしたら、一体何の意味があるのでしょうか...

無駄な人生。中年の危機を経験したり、他人を責めたり、後悔したくないのであれば、腰を据えて自分の人生を再考する時期が来たのかもしれません。

人生は前向きに生きたとしても、人生は後ろ向きにしか理解できません。 。私たちはこれまで何を経験し、これから何を経験したいのでしょうか?そして最も重要なことは、あなたの死後、あなたの人生を要約するものがあなたの墓石に何を書かれるかです!考えてみてください。

あなたが人生から 3 分の 1 を得る人生を送れることを願っています。

読み取り: 0