糖尿病における運動

糖尿病患者は定期的に運動する必要があります。こうすることで、血糖値の調節が容易になり、糖尿病が体のさまざまなシステムに与えるダメージが最小限に抑えられます。心臓血管系や呼吸器系へのプラスの効果に加えて、筋骨格系への利点、体重管理、幸福感なども運動の主な利点の一つです。定期的に運動することで、糖尿病治療薬やインスリンの投与量を減らし、場合によっては治療を中止することも可能です。

では、期待される効果を得るには、どのような種類の運動を行うべきでしょうか?また、期待される効果を得るには、何回行う必要がありますか?

暖かい運動を除き、少なくとも週に 3 回、少なくとも 30 分間運動することをお勧めします。 - アップとクールダウンの練習。

運動の種類としては、ウォーキング、水泳、ジョギング、サイクリングなどの有酸素運動が好ましいです。ウェイトリフティングや筋力トレーニングは推奨されません。

重要なのは、可能であれば毎日、特定の順序でエクササイズを行うことです。運動前

注意すべきことは、血糖値が100〜250mg/dlの間にあることです。 250mg。

を超える値で運動を行うべきではありません。 100mg。値が10未満の場合は、運動前に甘いものを食べることで血糖値を上昇させる必要があります。食後の運動が血糖値にプラスの影響を与えることが新しい研究で示されています。理想的には、食後 2 時間以内に運動することです。

低血糖の症状 (冷や汗、気が遠くなるなど) が現れた場合は、すぐに運動を中止する必要があります。

可能であれば、運動は一人で行うべきではありません。

運動中に注意すべきことは何ですか?まず第一に、ウォームアップ期間が必要です。この期間中は、運動をゆっくりと開始して継続し、心拍数を徐々に増加させる必要があります。この期間中は、5〜10分間の軽いウォーキングやストレッチ運動を行う必要があります。

心拍数を上げ、肺の働きを高める有酸素運動。

有酸素運動。これらは約 30 分かけて行う必要があります。実行できる主な有酸素運動は、

早歩き、水泳、サイクリングです。

クールダウン期間中は、心拍数をゆっくりと下げてください。 ゆっくりとしたウォーキングやストレッチ運動で構成されます。 5~10分

運動の 15 分後。妊娠中は血糖値を測定する必要があります(特に定期的な運動を行っていない場合)。

読み取り: 0