フッ化物は有害ですか、それとも有益ですか?

多くの親は、子供の歯の健康に関して次の質問に対する答えを探しています。「フッ化物は子供に有害ですか?」

世界保健機関と世界中のさまざまな歯科医師会。彼らは、飲料水のフッ素添加を含むさまざまな方法によるフッ素の適用が、社会的健康問題である虫歯を減らすのに効果的であると科学的報告の中で説明しています。

アメリカ歯科医師会は、長年にわたり、家族にそれを行わないことを推奨してきました。子供には2歳までフッ素入り歯磨き粉を使用してください。 2014年以来、彼らは歯が生えてきた子供にフッ化物歯磨き粉を綿棒の形で使用できると発表してきた。アメリカ歯科医師会ですら考えを変えつつありますが、フッ化物は本当に子供にとって有害なのでしょうか?

まず、フッ化物に関するいくつかの基本情報を覚えておくと役立ちます。

フッ素は虫歯が最初に始まる場所であり、予防効果があり、さらには虫歯を退行させる効果もあります。歯の構造を強化し、酸による攻撃に対する歯の耐性を高めます。

フッ素に関する新しい研究

アメリカの就学前児童の虫歯数が増加しています。フッ化物 彼はまた、 に対する見方を変えました。場合によっては、問題が非常に深刻だったので、子供を全身麻酔で眠らせ、乳歯の半分以上に充填剤を入れなければならなかった。

プロセスの早い段階でフッ化物歯磨き粉を追加することが必要でした。子供の虫歯を減らす方法として有用な解決策と考えられています。米国歯科医師会は、フッ素中毒(フッ素症)を防ぐために、子供が歯を磨いた後に水を飲んで吐き出すことを推奨しています。フッ化物中毒とは、過剰なフッ化物にさらされることによって歯のエナメル質表面が変色することを意味します。幼い子供にはこれを実行する方が簡単であるため、実際には幼い頃からこの習慣を確立するのが最善です。

場合によっては、フッ化物を摂取すると、ADHD やその他の神経学的症状と関連する可能性があります。大量に。歯磨き粉を数回飲み込むことは問題ないかもしれませんが、それが習慣になると、より深刻な問題を引き起こす可能性があります。

この場合、フッ化物は子供に有害ですか?まだ疑問に思っているかもしれません。幼い子供の場合、虫歯の痛みを新しい歯の痛みと混同することがあります。そのため、痛みがある場合には忘れずに歯科医の診察を受けるようにしてください。

フッ素使用の重要なポイントは次のとおりです。お子様の虫歯や、過剰な使用の結果発生する可能性のあるその他の危険な状況を考慮して、バランスをとることが大切です。

お子様にフッ化物歯磨き粉をいつ使用するかを決めるときは、どの程度の量を使用するかを評価することが重要です。彼がこれまでに受けたフッ化物。たとえば、飲料水からフッ化物を摂取していますか?

もう 1 つの重要な点は、お子様の食事です。彼は甘い食べ物を食べるのが好きですか?甘い食べ物が得意な場合は、虫歯を防ぐためにフッ素の投与が必要になります。

どうすればよいかまだわからない場合は、次回の診察時に歯科医に相談してください。歯科医は、お子様の歯を検査し、環境条件について質問した後、フッ化物の使用について正しい決定を下せるようお手伝いします。

読み取り: 0