健全な意思決定を行うための 10 の方法

人生に目を開けた瞬間から、私たちは何も知らない文化、全く知らない家族、そして何も知らない社会経済状況に囲まれ、しばらくはこのように生きます。その後、時間が経ち、考えが形成され始め、自分で選択できる段階に達したことが分かると、私たちは葛藤を経験し始めます。...

一般的に起こる葛藤思春期に起こる症状は生涯続く。なぜなら、新しいことを学び、意識が高まり、経験が増えるにつれて、私たちは人生においてますます過激な選択をしていることに気づきます...

それでは、これらの選択をするときに私たちは何に注意を払う必要があるのでしょうか?< br />
1. 焦らないでください!
決断を下すときは、その考えに一定の期間を置くことが重要です。なぜなら、即座に、緊急に下された決定は、場合によっては生涯にわたって支払わなければならない重い代償となるからです。それがあなたの人生の非常に重要な時点にある場合は、私たちが行った選択の考えと質の両方を再考してください。

3. 経験してください!
見てください。あなたがこれまでに経験したこと。過去の経験と全く同じでなくても、自分を不幸にするような決断をしないように注意してください。

4. 想像してみてください!
決断を下す前に、その結​​果が自分にどのような影響を与えるかを考えてください。その結果があなたに与える影響を想像してみてください。想像することは私たちの生命エネルギーにとって重要な活動です。

5. 計画を立てましょう!
決断を下す前の安定した状況と、決断を下した後の変化する状況を計画し、

6. 社会経済状況を見てみましょう!
夢を見た後は、気を付けて、

7. 持続可能なものであることを確認してください。
あなたの決定が、現実と呼ばれる物質的および精神的な条件が適切であることを確認してください。

8. 他の要素に注目してください!
結婚などの状況を決定する場合は、家族の承認を得るか、他に承認を得てはいけません。あなた以外はそれを承認します。 提供する 。なぜなら、私たちは感情的に考えすぎて将来が見えなくなることがあるため、それが必要になるかもしれません。

9. 自尊心を無視しないでください。
軽蔑自分自身のために、低い自尊心をもたらします。これを許可しないでください。私たちが決めなければならないのはあなた自身の人生であることを私たちは知っているので、あなた自身の価値観を決して放棄しないでください。

10. 時間をかけて評価してください!
「最悪の決断は優柔不断から生まれる。「それは良いことだ」。彼の意見を信じないでください。決められないということは、まだ決まっていない、明確になっていないことがあるということです。上記の項目に当てはめて決定できるかできないかについて臨床心理士の意見を求めて、健康的な生活を続けてください。

人生は選択であり、選択であることを忘れないでください。私たちの選択は人生です。

読み取り: 0