子どもたちの効果的かつ正確なコミュニケーション

子供たちにルールやお願いを正しく伝えることが非常に重要です。なぜなら、彼らは私たちを模範とし、私たちの行動を同じように扱うからです。ここでは、まず子供の年齢に応じて子供を理解する必要があります。子どもが歩き始めたり、話し始めたり、つまり子どもが一人前になり始めると、親は子ども間のコミュニケーションが途切れたと考えるかもしれません。ここでは、子供は彼の願いを理解し、ルールを紹介し、彼の話を聞くことができる親を必要としています。

コミュニケーションにおいてしてはいけないこと:怒る、短気になる、長時間アドバイスをする、約束を破る、ルールに従わない、大げさに批判する、非難する、子供を黙らせる…などと言えます。このような間違いは、子供を落胆させ、自信を失い、コミュニケーションを損なう原因となります。子どもたちに明確に、短くても説明的な文章で話す必要があります。してはいけない行為について警告し、説明することは有益です。実際、重要なことは、子供が何をするか、しないかではなく、ありのままの子供を受け入れることを示すことです。子供と良好なコミュニケーションを確立するもう 1 つの方法は、子供と一緒にゲームをすることです。子どもは遊びを通して自分を表現し、自分の内なる世界を明らかにします。前向きな行動を両親に認められた子どもは、幸せで受け入れられていると感じます。

感情の言語を使って話すことも、有効なコミュニケーション方法です。ある状況で子供に自分の感情を表現すると、子供は理解しようとして、この方法を使って自分の気持ちを表現しようとします。話しかけられ、興味を示した子どもたちは、話すように促されます。なぜなら、彼らの両親は彼らにとってモデルだからです。彼らはコミュニケーションをとることで問題を解決することができます。コミュニケーションの最も重要な要素である共感と傾聴も非常に必要です。共感とは、子どもとの間に築かれる感情的なパートナーシップです。傾聴とは、言語的および非言語的メッセージを受け取ることができることです。

親が自分の話を聞いてくれていることを理解した子供は、愛され受け入れられていると感じます。彼らは理解されると安心します。それは聞いている人を親近感を抱かせます。したがって、通信の継続性が確保されます。長期間休まない子供は、引きこもり、攻撃的で自傷行為を行う可能性があります。 彼らはそれを信じることができます。また、命令的な雰囲気(「しろ」「しろ」「黙れ」など)を使ったメッセージもコミュニケーションの妨げとなりますが、そのような非難や脅迫的なメッセージではなく、親が共感して子どもに寄り添うアプローチが有効です。子どもと一緒に時間を過ごすときは、子どもに最大限の注意を払うことが重要です。アイコンタクトで話すことはその一例です。

読み取り: 0