手首からの血管造影とステント適用

冠動脈動脈造影は、心臓血管の閉塞や狭窄を検出するために心臓専門医によって頻繁に使用される方法です。処置中に必要な場合、および患者の腎臓機能が適切である場合には、血管形成術、つまり血管の開口部も行われます。鼠径動脈)細いチューブの留置が手術の最初の手順です。

鼠径静脈血管造影は長年使用されている伝統的な方法ですが、出血などの合併症が発生する可能性があります。脚の神経損傷、仮性動脈瘤、動静脈瘻が手術中および手術後に発生する可能性があります。手術後、患者は最も多くの合併症を経験する可能性があります。血管形成手術後は少なくとも 4 時間、10 時間は横になる必要があり、これにより危険が伴います。

鼠径部動脈は心臓に到達する唯一の方法ではなく、手首の動脈も心臓に到達する方法です。動脈は心臓に到達する方法であり、以下の分野で非常に頻繁に使用されています。橈骨動脈は大腿動脈に比べて細いため、出血や神経損傷などの合併症が非常に少ないこと、最も重要なことは、手術中に使用したシース(細いプラスチックの管)が術後すぐに除去され、患者は立ち上がることができることです

すべての患者が手首の血管造影に適していますか?

血管が薄いため、橈骨動脈は手術後に閉塞することがありますので、手を清潔にしてください。血液を供給するもう一方の血管である尺骨動脈が開いていることを確認する必要があります。血管造影や血管形成術が行われる場合は、橈骨動脈を介して行われる場合、尺骨動脈が開いていることを確認する必要があります。このために、医師はアレンテストを実行します。橈骨動脈は手首の親指側にあり、尺骨動脈は手首の小さな側にあります指の側にあります。アレン テストでは、医師は橈骨動脈と尺骨動脈に圧力をかけながら手を開閉するように指示します。この間、手は青くなります。尺骨動脈が除去されると、8 秒以内に手はピンク色になります。ピンク色にならない場合は、尺骨動脈に問題があるため、橈骨血管造影は適していません。

血管造影の準備が行われます。手首からの検査は鼠径部からの血管造影と同様であり、心電図、胸部X線検査、血液検査、特に腎機能と出血検査が必要です。 少なくとも 6 時間は絶食してください。手術前に鎮静剤が投与されます。手首の橈骨動脈に局所麻酔が適用され、穿刺が行われ、チューブが留置された後、手術が続行されます。場合によっては非常に重度のけいれん (収縮) が起こることがあります。 ) は橈骨動脈で発生します。この場合、手順は鼠径部静脈を通って続きます。

手首からの血管造影は、鼠径部からの血管造影の代替手段であり、特に長時間仰向けに横たわっていることが困難な患者にとっては便利です。腰の問題で長期滞在しており、出血が心配な方。

読み取り: 0