鼻の湾曲矯正(中隔形成術)

中隔形成術は、鼻の中極の骨と軟骨部分の湾曲と鼻の外観を同じセッションで矯正するプロセスです。

目的は何ですか?

鼻整形手術では、鼻の内側の矯正が行われ、既存の湾曲だけでなく、外側の湾曲や望ましくない外観も矯正するプロセスです。この手術の目的は、患者が鼻で楽に呼吸できるようにすることと、患者の顔と調和した外観をより受け入れられるものにすることです。呼吸ができない鼻はどんなに美しく見えても、健康的な結果とは言えません。鼻は顔の中心にあり、顔の印象を大きく左右するため、鼻のちょっとした変化が顔の印象に影響を与えます。すべての鼻には独自の形状があります。手術前に患者の期待と外科医が手術による患者の利益を正しく理解することが非常に重要です。現実的な期待と適切な手術計画は、結果を成功させるために不可欠です。

鼻の外側にはどのような問題がありますか?

• 猫背の鼻、骨、および鼻の奥にある軟骨の突起
• 鼻先が垂れている
• 鼻先がボールのように丸い、または広がっている
• 鼻が左にずれているまたは正中線の右側
• 鼻孔が通常より広い
• 以前の手術や外傷により鼻の背側部分が陥没しているなど
• 上記の異常は中隔形成術によって矯正されます。

中隔形成術を受けられるのは誰ですか?

18 歳以上。手術を完了し、この手術を希望する患者なら誰でも受けられます。隔鼻形成術は通常、全身麻酔下で行われます(患者は完全に麻酔されます)。場合によっては、鼻の外観上の問題が限定的であれば、より簡単に矯正できる局所麻酔下で手術を行うこともできます。

手術前に避けるべきことは何ですか?

最も重要なことは、出血を引き起こす可能性のある薬を少なくとも 1 種類服用し、1 週間前に中止する必要があることです。喫煙しない。喫煙は血液循環を妨げ、傷の治癒に悪影響を与えます。手術前の数日間と手術後の数週間はアルコールを摂取しないでください。

Amel 料金設定はどのようになりますか?

患者の鼻の変形にもよりますが、手術には約 2 ~ 3 時間かかります。 。鼻の後ろにはプラスチック素材の素材が配置されています。タンポンを鼻の中に入れた場合、1日後にタンポンを取り除き、7日後に外側のプラスチック材料(石膏、添え木)を取り除きます。 7日目以降は鼻の外側にテープを3日間貼ります。手術10日目では鼻内に異物は残っていません。鼻の外観が変化するにつれて、目の周りに腫れやあざが発生します。これらの腫れやあざは通常 7 ~ 10 日以内に消えます。手術後1~2週間は腫れのため、鼻の外観が大きく見える場合があります。手術後6ヶ月ほどで鼻の外側の腫れは軽減します。最初の2か月間は太陽の下への外出を避け、眼鏡を着用することをお勧めします。手術の前後に一定の間隔で患者の鼻の写真を撮り、経過観察を行います。

鼻整形後に顔に傷跡は残りますか?

鼻整形における2つの主要な技術。クローズドかつオープンなアプローチ。非閉塞法では、すべて鼻の内側を切開するため、皮膚に傷跡が残りません。オープンテクニックは、鼻の先端でより適切な介入を可能にするため、人気のあるアプローチとなっています。このアプローチでは、鼻孔の最も狭い部分を切開します。結果として、どちらのアプローチが好まれても、患者にとってマイナスになることはありません。

手術後に鼻が下がったり潰れたりすることはありますか?

次のような症状の患者では、鼻が潰れたり潰れたりします。手術が適切に行われ、余分な軟骨が切除されないため、転倒は起こりません。鼻の手術後、患者の 5% は再度手術が必要になる可能性があります。

手術後に行うべきこと

• 頭を高くして寝てください。頭を45度以上回転させないでください。 3週間はこれに注意してください。
•立ち上がったり、前かがみになったりするときは、頭を上げて動きます
•特に最初の1週間は、非常に熱い食べ物を避けてください。
•冷たいジェルを塗ります。または、目の周りや頬を氷で冷やす必要があります。これにより、腫れやあざが軽減されます。
• 歯磨きの際は注意し、鼻を触らないようにしてください。
• 手術後最初の数日間は、あまり硬い食べ物は噛まず、柔らかい食べ物を好むようにしてください。 。
・手術後1週間は安静が推奨されます
・手術後2週間はスポーツや性行為は控えてください
・洗顔は濡らさずに大丈夫ですキャストとテープ。美容院で髪を洗うのと同じように髪を洗うことができます。
•2週間は社会活動やショッピングモールを避けてください。
•1週間は過度の笑いや表情を避けてください。
・2ヶ月間は直射日光を避けて保管してください。そうしないと、顔の腫れが治るのに時間がかかります
• 1か月間は水泳を控えてください
• 手術後3〜4日。日中に顔にむくみが出ることがあります。腫れは2~3週間でかなり引いてきます。場合によっては、腫れの軽減が 12 か月間続く場合もあります。 • 手術による打撲傷は、最大 2 週間続く場合があります。通常は 10 日後に消えます。
• 2 か月間はメガネの使用を控えてください。
• 手術後はレンズを使用できます

読み取り: 0