膣美容手術は 4 つの見出しに分類できます。

膣美容手術は 4 つの見出しに分類できます

1. 小陰唇縮小術(陰唇マイナス)
2. 陰唇への脂肪注入大陰唇のふっくら化
3. 処女膜形成術(処女膜の縫合)
4. 膣形成術(膣の狭窄)


1.小陰唇形成術(小唇美容・内唇美容)

どのような場合に小陰唇形成術が必要ですか?
外側から見える部分である小陰唇。一部の人々では、生殖器が遺伝的に大きく、長くなります。この状況は、痩せている人にとって特に不安です。タイトなズボンや水着から見える唇も、人の服装の選択に悪影響を与えます。摩擦により炎症を起こし、感染しやすくなります。私たちが行う美容外科手術では、この組織を通常の大きさに戻します。

手術はどのように行われますか?
小陰唇の縮小は次のような方法で行うことができます。局所麻酔で30分程度で終わります。患者様のご希望に応じて、軽い全身麻酔を適用することも可能です。

手術はどのように行われますか?
審美性を高めるために長い唇の内側。

手術後の回復はどうですか?通常の生活にはいつ戻れますか?
局所麻酔後、患者さんは 2 時間以内に帰宅できます。彼らは私たちが提供する情報に従って投薬を続けています。彼らは翌日には仕事に戻ることができます。 24時間後にシャワーを浴びることができます。下着の中にパッドを1~2日入れると快適になります。 1週間程度はスポーツ活動をしてほしくない。立ったままシャワーを浴びるのが適切です。浴槽やプールの利用を2週間延期する必要がある。 3 週間後には性生活に戻ることができます。

膣エステの施術後に注意すべきことは何ですか?
膣の清潔さに注意を払うことが重要です。手術後のエリア、特にトイレに行った後。これを考慮せずに処方された抗生物質を使用しない場合、感染症が発症する可能性があります。この状態は抗生物質による治療で改善できます。縫合糸が抜ける前に性行為を刺激すると、縫合糸が開いて出血する可能性があります。私たちの提案に対して 注意している患者さんにこのようなことが起こることは非常にまれです。陰部は治癒力の高い部位です。
小陰唇は美容整形後も再び大きくなることはなく、治癒後に縫合痕も残りません。


>2.大陰唇(唇の大きなふっくら) への脂肪注入

大きな唇は、過度の体重減少により、しわが寄ったり、垂れ下がったり、くぼんで垂れ下がったりすることがあります。これは、30 歳を過ぎた人や、非常に痩せている人によく見られる状況です。外性器の審美的かつ解剖学的観点から、外唇は十分な膨らみを持って小陰唇を大きく覆う必要があります。

フィラーとしては何が好ましいですか?
唇の外側を埋める最初の選択肢は、その人の独自のオイルである必要があります。場合によっては、クリニックで外来でこの処置を行いたい場合もありますが、その場合には、粗粒子ヒアルロン酸を含むフィラーを使用できます。私の好みは、患者さん自身の脂肪組織への注入です。

脂肪注入はどこで行われますか?入院は必要ですか?
脂肪注入は手術室で全身麻酔下で行われます。通常、腹部から採取された脂肪組織が大陰唇に注入されます。私たちの患者はその日のうちに帰宅しました。ドレッシングや縫合は必要ありません。

注意すべき点は何ですか?正常な状態に戻る時期
唇の外側がふっくらした後、2~3 日間は緊張感と過度の膨満感が生じます。この緊張は2〜3日で減少します。この期間中は、締め付けのないゆったりとした下着を着用するだけで十分です。痛みは鎮痛剤で軽減されます。


3.処女膜形成術(処女膜形成術)
処女膜形成術は、膣の入り口にある粘膜ひだの形の組織です。とても薄くて繊細な構造です。血管の少ない組織です。下の図のように、膣壁の中央には経血が流れる隙間があります。性交によって簡単に破れてしまいます。ただし、婦人科検診、マスターベーション、タンポンの使用によっても処女膜が破裂する可能性があります。

すべての女性には処女膜があります。処女膜には多くの種類があります。まれに膣全体を覆うタイプもあります。この状況は、最初の月経期間中に深刻な問題を引き起こす可能性があります。 検索します。通常は早期に発見されます。よく質問されるもう 1 つのタイプの処女膜は、性交時に出血を引き起こさない非常に薄い処女膜であるということです。これにより、一部のカップルの間で問題が発生する可能性があります。

読み取り: 0