食中毒

最近、激しい仕事のテンポと多忙な生活により、さまざまな問題が発生しています。日中に料理をする時間や機会​​を見つけることができない人は、レストランやカフェで栄養ニーズを満たすことを余儀なくされています。そうすると、そこがきれいかどうか、必要な環境条件が提供できるかどうかという問題が思い浮かびます。ほとんどの企業はこれらの条件を満たしていないため、食品中に繁殖するさまざまな細菌が食中毒を引き起こします。

食中毒を引き起こす細菌は 4 種類あります。これらの中で最初で最も一般的なのはブドウ球菌です。肉、牛乳、乳製品、サラダなどに含まれます。症状は食後 2 ~ 3 時間で現れ、体は嘔吐反応を示します。

肉、牛乳、サラダから食中毒を引き起こすもう 1 つの種類の細菌は赤癬です。ただし、これが表示されるまでにかかる時間は 1 ~ 2 日です。症状には、吐き気、嘔吐、発熱、けいれん、腹痛、血便などがあります。

最も重篤で致死的な食中毒は、クロストリジウム・ボチナムという細菌によって引き起こされる中毒です。缶詰食品、肉、野菜、果物に含まれています。麻痺し、呼吸ができなくなり、死に至ります。

最後にセレウス菌と呼ばれる細菌についてお話します。この細菌は米に含まれており、吐き気や嘔吐を伴う食中毒を引き起こします。

これらの細菌種の生存または繁殖は、酸含有量が高く高温の食品では妨げられます。これらから身を守るために私たちがどのような予防策を講じることができるかが本当の問題です。保護されるためには、私たちは生活の中に何らかの対策を恒久的に組み込む必要があります。これらの注意事項;

食中毒が発生した場合;

読み取り: 0