ブラキシズム(歯ぎしり)とは何ですか?

歯ぎしりまたは食いしばりとして一般的に知られるブラキシズムは、強い筋肉の動きの結果として起こる顎の食いしばりの状態です。通常、歯ぎしりは睡眠中に見られますが、日中に歯を食いしばっていることに気づくこともあります。

歯ぎしりは、口の中の歯の位置の違い、不適切に作成された詰め物や補綴物が原因である可能性があります。口の状態、顎の筋肉の状態などが原因ですが、最も一般的な原因は心理的要因です。ストレスがかかると、人々の歯ぎしりの習慣が増加することが観察されています。

歯ぎしりの症状、

睡眠中に聞こえるギシギシ音

激しい頭痛朝起きると

顎の関節と頬の筋肉が痛い

口の開閉時に顎の関節から音が聞こえる

着用する歯の表面

歯と詰め物の亀裂や亀裂の形成

歯が揺れる

歯ぎしりが習慣になっていると、次のようなことが起こります。治療を受けます。治療の目的は、歯や関節の損傷を防ぎ、痛みを軽減することです。ナイトアライナーは、患者の口にフィットし、歯の咀嚼面同士の接触を防ぐために歯科医によって作成され、歯の食いしばりの対症療法で最も一般的に好まれる方法です。医師の推奨に従ってナイトプレートを使用すると、一定期間後に筋肉が新しい状況に適応し、歯ぎしりの習慣がなくなります。ナイトプレートに加えて、筋弛緩剤、心理療法、顎の筋肉へのテンス塗布やボトックス塗布も治療選択肢となります。

一般に歯ぎしりや食いしばりとして知られるブラキシズムは、以下のような症状に起因する顎の食いしばりの症状です。強い筋肉の動き。通常、歯ぎしりは睡眠中に見られますが、日中に歯を食いしばっていることに気づくこともあります。

歯ぎしりは、口の中の歯の位置の違い、不適切に作成された詰め物や補綴物が原因である可能性があります。口の状態、顎の筋肉の状態などが原因ですが、最も一般的な原因は心理的要因です。ストレスがかかると、人々の歯ぎしりの習慣が増加することが観察されています。

歯ぎしりの症状;

歯ぎしりは治療可能な習慣です。治療の目的は、歯や関節の損傷を防ぎ、痛みを軽減することです。ナイトアライナーは、患者の口にフィットし、歯の咀嚼面同士の接触を防ぐために歯科医によって作成され、歯の食いしばりの対症療法で最も一般的に好まれる方法です。医師の推奨に従ってナイトプレートを使用すると、一定期間後に筋肉が新しい状況に適応し、歯ぎしりの習慣がなくなります。ナイトプレートに加えて、筋弛緩剤、心理療法、顎の筋肉へのテンス塗布やボトックス塗布も治療選択肢となります。

読み取り: 0