プライバシー

子供たちの成長において最も重要だと私が考える問題。プライバシー教育について触れたいと思います。プライバシーについて話すときは、バスルームやトイレのニーズにどのように介入すべきか、プライベートなエリアについてどのように話すかなどが含まれます。

まず第一に、親として、これらの問題については冷静に対処する必要があります。 。なぜなら、今回は非常に大きな問題となり、これらの問題はより難しく、より大きく見えるため、子供の目に恐怖症が現れる可能性があるからです。私たちが子供たちに与える必要がある信頼感は非常に重要です。つまり、母親と父親がごく普通の支配的な方法でこの問題に取り組んでいると子供たちが感じる必要があります。

まず、私たちが始めます。プライバシーエリアとしてのトイレの問題。一部の子供たちにとってトレーニングのプロセスは非常に簡単ですが、一部の子供たちにとっては非常に困難な場合があります。おむつなしの時期を過ぎて成長した子供の中には、トイレで一人にな​​りたくない、母親や父親、または信頼できる人と一緒にいてほしいなどの行動を起こすことがあります。この時点で;一緒にトイレに行く場合は、「背を向けて待っている」などの言葉や行動で子供の特別なニーズとプライベートエリアを尊重し、子供も同じようにするように奨励する必要があります。トイレには一人で行くようにし、他の人と一緒にトイレに入らないように注意してください。こうすることで、将来誰かが目の前で服を脱ぎ始めたら、この裸が不自然であることが分かるでしょう。しかし、家族のプライバシー領域を簡単に介入できる器官にしておけば、子どもたちは外部の信頼できない人々の脅威に気づかなくなるでしょう。この意識を高めるには、プライバシーの意識について人々に知らせ、まず家族内で、次に幼児教育を通じて適切な行動を身につけさせる必要があります。

もう 1 つの重要なプライバシー エリアはバスルームです。一緒に入浴することを考慮すると、私たちの子供たちは、自分の陰部が完全に個人的なものであり、個人が完全なプライバシーを持っていることを強調するために、下着姿で入浴することができます。ここでの目的は、ヌードは個人的なものであるという意識を高めることです。 これは、他人の前で裸になることが可能であるという考えが生まれないようにするためです。パンティは入浴中に着用できます。 「ほら、私たちはあなたのプライベートな部分をカバーしています。たとえそれが私であっても、あなたのお父さんであっても、それはあなたのプライベートな部分です。このように説明することで、プライバシーを強調できます。

家族が混乱するもう 1 つの問題は、プライベート エリアをどのように定義するかです。実際、望ましい正しい定義は、複雑で抽象的な概念を使用するのではなく、完全に抽象的で単純な概念で説明することです。 「下着とパンティで覆われている部分はあなたのプライベートな部分です。 「あなたが望まない限り、誰もこの場所に触れることはできません。」このような発言をすることで、子どもたちの心の中にある疑問符が消えます。

プライバシーのもう 1 つの重要な領域は、子どもを変えるときに示す行動です。脱ぐとき、着替えるときなど。私たちは子供たちから許可を得なければなりません。なぜなら、誰かが彼に電話をかけてきて、突然服を脱ごうとしたとしても、彼はこれが間違っていることを理解し、それに応じて対応する必要があります。決して乱暴に変更してはいけません。この行動は、冷静に段階的にコミュニケーションをとることで達成される必要があります。可能な限り、最初はサポートを受けながら、次に自分でこの行動を自分で行うよう奨励する必要があります。

私が述べたプライバシーに関するこれらの基本的な問題は絶対に無視されるべきではなく、個人はそうすべきです。家族全員が同じ行動サイクルにあるように、お互いに情報を共有します。子どもたちの明るい未来のために、私たちは子どもたちが健全な成長を遂げられるよう協力し続け、その成果として子どもたちが健全に成長できるようにしなければなりません。

読み取り: 0