ホリデーナイトメア!

子供の嘔吐と下痢

夏は子供にとって楽しく楽しい季節ですが、季節性感染症の危険な時期でもあります。暑い気候、高湿度、混雑した行楽地では、さまざまな微生物が伝染する可能性が高まります。この写真の最も一般的な原因はノロウイルスですが、さまざまな理由で引き起こされる可能性があります。

夏の子供の嘔吐と下痢の原因:

ウイルス感染症: ノロウイルス、ロタウイルス夏の子供の嘔吐や下痢の一般的な原因は、その他のウイルス感染症です。

•細菌感染症: サルモネラ菌、大腸菌、カンピロバクターなどの細菌は、汚染された水や食品との接触により下痢を引き起こす可能性があります。

• 食中毒: 暑い季節には、腐った食べ物に含まれる細菌が子供の嘔吐や下痢の一般的な原因となります。

• アレルギー: 季節性アレルギーにより、嘔吐や下痢を経験する子供もいます。

症状:

• 嘔吐: 突然の激しい嘔吐により、水分が失われることがあります。

• 下痢: 水様で頻繁な下痢便は子供の電解質バランスを崩し、衰弱を引き起こす可能性があります。

•発熱: 感染症に伴う発熱も見られる場合があり、脱水症状を引き起こす可能性があります。経口補水液 (ORC) や医師が推奨する水分補給による水分補給が重要です。

• 食事の変更: 嘔吐中は軽くて消化の良い食べ物を子供に与えることが重要です。下痢が治まれば、ゆっくりと通常の食事に戻すことができます。脱水症状や合併症の兆候がある場合は、入院して血清の点滴と薬物療法を行う必要があります。

どのように予防策を講じるべきですか?

>

• 頻繁な手洗い: 病気の人と接触したり、一般的な物から感染したりする イオンは汚染される可能性があるため、手洗いには注意してください。食品の腐敗のリスクを軽減するために、食品は適切な条件で保管し、新鮮な状態で調理する必要があります。

• エアコン: 非常に暑い季節、子供は涼しく換気の良い場所に保管する必要があります。

• ワクチン: 予防ワクチン、特にロタウイルス ワクチン。子供を感染症から守ることができます。

読み取り: 0