最大の罠の 1 つはテクノロジーです。

今日テクノロジーは不可欠ですが、家族からの苦情の原因となっている。家族のコミュニケーションを断ち切る。テクノロジーは、子どもの知覚や集中力に問題を引き起こし、さらに忍耐力を低下させる要因として現れています。

テクノロジーはこのような悪影響を及ぼしますが、効果的に使用する必要があるツールでもあります。しかし、それを目的ではなく手段にするにはどうすればよいでしょうか?

まず第一に、子供たちは店に行って買い物をするほどの収入がないことを思い出すことから始める必要があります。それらの技術ツール。なぜなら、あなたが購入したテクノロジー機器が後に危機を引き起こすからです。しかし、子どもたちは店に行って「このモデル、この機能、この価格、このツールが欲しい」と言ってそれを買う機会はありません。これは、技術的な棚卸しを行った後に問題になります。

状況の深刻さを認識できるよう、害について詳しく強調したいと思います。若い身体には、心理的な影響に加えて、物理的な放射線が負荷されています。まず第一に、常にテクノロジーにさらされている子供では心臓発作のリスクが増加します。また、将来的にはアルツハイマー病や記憶力低下などの病気も引き起こします。

もう 1 つの重要な点は次のとおりです。チャンネルやゲームを頻繁に変えたがる子供たちは、すぐに飽きてしまいます。テクノロジーの過度の使用。発達遅延、小児期のうつ病、不安、注意欠陥、自閉症、双極性障害など、多くの症候群を引き起こす可能性があります。代わりに、ボール遊びやスポーツなどをしましょう。それ以上の貢献があります。身体活動は注意を集中させるのに役立つからです。

私たちは常に将来の期間について考える必要があります。登場する表は、操作ができない、読んだ内容が理解できない、飽きやすい、集中力が低い子どもたちです。継続的なデータの読み込み、新しいゲーム、ビジュアル プレゼンテーションだけでは生産的ではありません。実際の情報を取得するため、重要なのは、それらを認識プロセスに通し、経験し、実践に移すことです。

そうですね、このテクノロジーは避けられない結末であり、完全に破壊することは不可能です。それでは何をすべきでしょうか?もちろん、テクノロジーは完全に排除することはできない要素ですが、制限することは可能です。 それは私たち親の手にかかっています。

設定される制限は年齢グループによって異なります。

0 ~ 2 歳のグループ。可能であれば、テクノロジーへの曝露を避けてください。これは言語の発達にとって非常に重要であるためです。

2 ~ 5 歳のグループ。攻撃的ではないビジュアルのものを最大 1 時間視聴できます。

6 ~ 18 歳の場合は、最初にレッスンを行ってから 2 時間視聴すれば十分です。

この問題を無視してはなりません。;明確な境界線を設定する際に経験する危機や、仕事中に子供に静止させるために与えた技術的装置。あなたが行うすべての決断は、お子様の将来に影響します。

読み取り: 0