フットドロップとは何ですか?症状と治療法

未治療の進行性椎間板ヘルニアの患者では、下垂足と呼ばれる足首の上向きの動きが失われ、尿失禁の問題が発生する可能性があります。垂下足は腰部狭窄症でも見られます。

垂下足とは何ですか?

垂下足が何を意味するかという質問は、筋力低下または神経の物理的な反映として答えることができます。足の前部やつま先を上げることが困難になる麻痺。足を落とす。神経損傷、脳または脊髄損傷、足と脚の解剖学的問題、または筋力低下の結果として。この症状はあらゆる年齢層の人に発生する可能性があり、通常は片足のみに見られますが、根本的な原因によっては両足に影響を与える場合もあります。歩行困難や不規則な歩行姿勢を引き起こす可能性がある下垂足は、通常、整形外科用サポート、理学療法、電気神経刺激、または手術によって治療されます。通常、完全な回復はありませんが、治療により症状が大幅に軽減され、歩きやすくなります。

垂れ足の原因は何ですか?

垂れ足は、多くの医学的問題や病気によって発症する可能性があります。神経や筋肉に影響を及ぼす病気は、生活の質に悪影響を及ぼします。それ自体は病気ではなく、逆に、別の病気によって発症する症状です。下垂足の原因には以下が含まれます:

<
  • 筋ジストロフィー: 進行性の筋力低下と筋組織の喪失を引き起こす一群の遺伝性筋疾患。
  • <
  • 脳性麻痺: 可動性、筋緊張、姿勢に影響を与える一連の障害です。これは、乳児期および幼児期の発達がまだ完了していない脳への損傷によって発症します。これは深刻な病状です。
  • 垂足の症状は何ですか?

    垂足の症状は、状況に応じて徐々にまたは突然発生します。根本的な原因と状態の重症度。場合によっては、下垂足が発症する前に、いくつかの初期症状や兆候が経験されることがあります。たとえば、一方の靴がもう一方の靴より幅広に感じられ、足を持ち上げるのが困難または不快になる場合があります。下垂足症候群では、罹患した足を立ったり、歩いたり、持ち上げたりすることが困難になります。人が一歩を踏み出すとき 足を通常より高く上げたり、一方の足がもう一方の足よりも弱くなったり、無気力になったりすることがあります。下垂足を治療せずに放置すると、特定の筋肉を制御する神経に損傷を与える可能性があります。したがって、この症状を持つ人は、足の上部の筋肉の衰弱、薄化、または麻痺を引き起こす可能性があります。li>歩行中に足を地面に引きずる

  • 足を外側に動かすことができない
  • 足首と膝のアンバランス
  • 高足歩行: 階段の上り下りなど、大腿部の過度な上昇を特徴とするこのタイプの歩行。歩行中につま先が地面に異常に当たったりこすったりするのを防ぐために、階段を登るように膝を立てて歩きます
  • 転倒の結果、バランスを失ったり、つまずいたり、つまずいたりすることがよくあります。
  • 円形歩行: 転倒したり、つまずきを防ぐために脚を真っすぐに保ち、前に進むために半円を描くように左右に振ったりする円形歩行パターンが発生することがあります。
  • 影響を受けた足は、次のような症状を引き起こす可能性があります。体から遠ざかります。この場合、階段を上るのが困難になる可能性があります。 (萎縮)
  • ロンベルグ検査陽性: 支えなしで目を閉じて立ったときにバランスを失う。
  • 足が低い場合、腰から始まり脚に痛みが広がる。椎間板ヘルニア
  • 足首関節を上げたり、足を足首の外側に回すときのストレス
  • 下腿の前面と側面、および足の上部の皮膚のしびれ足と足の指

  • 下垂足の症状は持続する場合もあれば、完全に消える場合もあります。一部の患者では、症状が消える期間を経て断続的に症状が続きます。

    ドロップ フットの治療はどのように行われますか?

    ドロップ フット症候群の治療は、整形外科および外傷学の専門家によって計画されます。根本的な原因によると。早期に治療を行えば、病気の永続化を防ぐことができます。 知っています。さらに、下垂足の原因となる病気の治療が成功すれば、症状が軽減され、場合によっては完全に消失することもあります。ただし、根本的な原因が治療されない場合、下垂足は永久的なものになる可能性があります。垂れ足の治療に適した方法は次のとおりです。

    読み取り: 8