良い親であること

私がこの問題に触れたいと思ったのは、特に新しく親になった人たちが、子供たちとどのようにコミュニケーションをとるべきかについて混乱しているからです。さらに、多くの親は子供とのコミュニケーションに問題を抱えています。この時点で、いくつかの重要な要素を見逃さないようにすると有益です。おそらくこのようにして、私が紹介する小さな鍵を使用して、お子様とのコミュニケーションが前向きに進むでしょう。

まず第一に、子育てにおいて真実を一つにすることは不可能であり、どの家族にも独自の力関係があります。しかし、まず第一に、子供と一緒に子供であることを忘れずに、自分自身を否定的な行動に閉じ込めないでください。これは、お子様とのコミュニケーションの扉を開くとともに、お子様がネガティブな思考に向かうのを防ぐのに役立ちます。

*自分自身に間違いを犯す機会を与えることを忘れないでください...

親として完璧になろうとするのはとても疲れるもので、達成するのは難しい目標です。時には間違いを犯すこともあるし、時々試してみることで何かを見つけることもあるし、その時点では問題解決スキルさえ役に立たない可能性があることを覚えておく必要があります。大切なのは、子どもに無条件の愛を与え、信頼し、オープンなコミュニケーションをとることです。これらが達成できれば、どんな状況でも健全に前に進むことができるようになります。

*良い親であるために...

子供のニーズに適応できれば。あなたの子供が赤ちゃんだったとき、その基本的なニーズをあなたが満たしていて、時間が経つにつれて彼のニーズが徐々に少なくなることにあなたが耐えることができるなら、あなたは良い親です。親がしなければならないのは、子どもの発達を見守ることです。さらに、子供が間違いを犯す可能性を許容しなければなりません。なぜなら、子供は自分が犯した間違いによって間接的に動揺し、責任を取るという意識を育むからです。あらゆる点で親が救世主的な態度を示すと、子どもが責任を持つ能力が鈍化する可能性があります。

*制限を設定する...

親は、子どもを育てる際に制限を設定する必要があります。ただし、制限を設定することは、厳しい規律を適用することを意味するものではありません。幼い頃から正しい制限を設定して育った子供は、自分の制限とその環境で要求されるルールを知って行動します。

境界を設定するとき、彼らは非常に厳しく子供っぽいです。 邪魔にならないように注意する必要があります。なぜなら、厳しく制限された制限の中では、子どもの人生に対するモチベーションが低下し、創造的な面が発達しないため、成人期に悪影響を及ぼすからです。

制限を設定するときは、常に子どもに対して明確にし、どのような点に一貫性を持たせる必要があります。あなたは言う。同時に、境界線を設定するときは、これについて子供と面と向かって明確に話し合う必要があります。最も重要なことは、すぐには変化しないため、忍耐強くなければならないことです。もう一つのポイントは、子どもの得と損を明確に説明することです。言い換えれば、制限を遵守した場合にその人の動機となる利点と、従わなかった場合の害を表現および行動で示す必要があります。

*一般的な質問は避けてください。

ほとんどの親は、子供たちが共有しないことに不満を抱いています。しかし、実際の状況は、子供たちが共有していないのではなく、家族が子供にどのように質問すればよいのかわからないということです。

子供とうまくコミュニケーションを取りたい親は、「何をしたの?」と尋ねます。今日は学校でやるの?次のような一般的な質問をする代わりに、 「今日、こんなに笑ったことはありましたか?」または「今日は何が怒ったのですか?」

一方、子供からの情報の共有を期待するだけでなく、自分自身のことも共有し、子供が質問するという行動の発達に貢献する必要があります。

*最も重要な鍵は、子供と一緒に子供であることを忘れないことです!

生活条件や困難が家族に強い責任と負担を課すため、ほとんどの家族は、子供であることを忘れ、人生を楽しみ、自分のために時間を割き、柔軟になること。大人になると重荷を負うため、子どもはすべてをコントロールしようとし、それを子どもにも適用しようとすることがあります。

この文脈では、良い親になり、子どもとコミュニケーションをとるために、子どもに対して子どもであることを忘れてはいけません。彼と楽しく過ごし、彼の年齢に応じて、柔軟な行動を示してください。これらを適用すると、コミュニケーションが進み、人間関係が進展することがわかります。

子供たちとたくさんコミュニケーションをとってください。なぜなら、お子様と確立する正しいコミュニケーションは、社会的、学力的、感情的な発達にとって非常に重要だからです。 大事です。あなたが今彼のために取る正しい一歩は、彼の将来の人生に影響を与えるということを忘れないでください。

読み取り: 0