シガレット

既知の害や副作用にもかかわらず、喫煙は残念ながら社会で頻繁に遭遇する悪い習慣です。喫煙は、肺がん、膀胱腫瘍、呼吸器疾患、心臓血管閉塞などの生命を脅かす副作用に加えて、男性と女性の不妊症の重要な原因となっています。

現在、喫煙は 25 原因であると推定されています。出産適齢期の女性の % が喫煙しており、その原因は女性にあり、不妊症で受診する患者の 13% において喫煙が不妊の原因であることが示されています。繰り返しますが、喫煙者と非喫煙者を比較した研究では、喫煙者の女性の不妊率が10倍高いことが示されています。

正常で健康な正常なカップルでは、​​女性の 20% が最初の 1 か月で妊娠し、50% が 3 か月目で、90% が 1 年の終わりに妊娠すると予想されます。喫煙する女性の平均妊娠期間は 6 ~ 12 か月長いことも示されています。

では、喫煙は女性の生殖にどのような影響を与えるのでしょうか?タバコの摂取はエストロゲンホルモンレベルの低下を引き起こします。エストロゲンホルモンが減少すると、卵巣の機能も低下します。卵巣を働かせるために、卵子を割る作用のあるFSHホルモンが多く分泌されます。これは、妊娠に必要なホルモンの調和を乱すだけでなく、女性の卵巣内の限られた数の卵胞の成熟を妨げ、卵胞の減少を早めます。これらすべての結果、不妊症や妊娠困難が生じます。

喫煙は男性の精子の質の低下も引き起こします。妊娠が起こるためには、精子が女性の膣(貯蔵所)から子宮頸部に移動し、子宮頸部を通過し、子宮内で卵子を見つけて受精する必要があります。理論的には少数の精子でこれを達成できますが、実際には 1 ミリリットルあたり少なくとも 2,000 万個の精子が存在する必要があり、これらの精子の半分は運動性でなければなりません。多くの運動精子のうち、子宮頸部を通過して子宮に到達できる精子はほとんどありません。子宮に到達する精子には、卵子を見つけて、卵子の周囲の鞘を通過して受精する能力も必要です。これを測定する検査が形態学であり、2 つの異なる測定方法があります。世界保健機関 (WHO) の基準を満たしています したがって、精子全体の 60%、クルーガー基準によれば 4% が正常な形態を持っているはずです。

喫煙する男性の精子数は非喫煙者より 20% 少ないです。繰り返しますが、タバコに含まれる分子は精子の運動性の低下を引き起こします。このようにして、精子が卵子に到達することが困難になります。しかし、喫煙の本当の効果は、精子が卵子を受精させる能力を阻害すること、つまり、卵子の形態を破壊することによって現れます。形態の悪化により、通常の方法で子供を産むことが困難になり、生殖補助医療 (授精や体外受精) の成功の可能性も低くなります。

したがって、喫煙は予防可能な不妊原因となります。不妊症のために外来を申請する患者の治療を開始するには、禁煙を前提条件とすべきです。

読み取り: 0