学童の栄養

健康的な栄養の一般原則は学童の栄養に適用されます。

家族に依存して生活する子供は、学校に入学すると新しい生活が始まります。 。家庭生活や睡眠パターンの変化と並行して、食事パターンにも変化が生じます。子どもたちの食習慣の最も大きな変化は、朝早く起きて急いで学校に行くなどの理由で、朝食を食べなくなることです。何をどれくらい食べるかを決める機会を子どもたちに与えてください。そうする必要がありますが、それは難しいと思います。子どもたちと一緒に食事を計画し、子どもたちに食事の準備を手伝ってもらうことができます。そうすることで、一緒に過ごす時間を増やすことができ、食事に関する彼の希望も叶えることができます。彼らとアイデアを交換して新しい食べ物を試したり、メニューを計画するときに助けを求めたりしてください。新しい食べ物を試し始めるのが、信じられないほど簡単です。

小児肥満

子供の定期的な身体活動。

肥満からの保護

子供の肥満を防ぎます。肥満が発生してから解決しようとするよりも、肥満を防ぐ方が簡単です。

この理由から;

食欲不振

私が列挙した項目が 1 つ以上当てはまる場合は、小児科医や栄養士に相談し、適切な情報を入手してください。助けてください...

不十分で偏った栄養が原因です。健康上の問題

成長と発育が遅れています。

感染症が頻繁に発生し、重度になります。 .

肥満

それは重要な問題として浮上しています。小児期の肥満はその後の年齢に反映され、高血圧(高血圧)、血中脂肪の増加(高脂血症)、心血管疾患、糖尿病などの慢性疾患の原因となります。また、心理的な問題も引き起こします。

歯の健康

特に、食間や食事中に頻繁に摂取されるキャンディー、ウエハース、チョコレートなどの食品。甘い食べ物は空のエネルギー源となり、飲み物は虫歯の原因となります。これらの食品は歯に悪影響を与えるだけでなく、満腹感を与えたり、体に必要な他の栄養素の摂取を妨げたりすることで、間接的に健康を害します。

読み取り: 0